アスラボ・低酸素トレーニングは30分ではなく、なぜ1時間導入なのか・・・

【アスラボは30分ではなく1時間導入】

低酸素環境で30分トレーニングを行うと、2時間相当の負荷を身体にあたえられるといわれています。
しかし【LDアスリートラボ】のトレーニング実績から30分のトレーニングからでは、血液データーからでは赤血球・ヘモグロビンの数値上昇が少なかった為、1時間のトレーニングを継続したところ数値上昇、パフォーマンスの向上がみられたので1時間を採用しています。

アスラボでは1時間の低酸素室トレーニングを行うことで体内の【赤血球】【ヘモグロビン】【ミトコンドリア】を最大限増やし多くのアスリートの好成績に繋がっています!

【高地・低酸素トレーニング 料金表】

【予約・入会・支払いのお知らせ】

【公式】LDアスリートラボ沖縄・高地低酸素パーソナルトレーニングスタジオ

1980年代にいちはやく高地低酸素トレーニングを取り入れ30年の経験を活かし、沖縄からトライアスロン日本チャンピオンを指導する!高地トレーニング【アメリカ・ボウルダー、フラッグスタッフ】【オーストリア・ラムサウ】【岐阜県・飛騨御嶽高原】【長野県・開田高原・志賀高原】で高地低酸素トレーニングを取り入れロングディスタンス競技でのハイパフォーマンスノウハウを提供するパーソナルトレーニングスタジオ!

0コメント

  • 1000 / 1000