高地・低酸素トレーニングとは・・・

【高地とは・・・】

高地とは標高1500m~3000mの高地【低酸素】【低気圧】【低気温】の環境をいいます。
近年その高地・低酸素環境でトレーニングをすること持久系スポーツをすることでパフォーマンスの向上に繋がると注目されています。

【高地・低酸素トーニングとは・・・】

高地・低酸素トレーニングとは、標高の高い高地1,500m~3,000mの環境【低酸素】【低気圧】【低気温】でトレーニングをします。標高の高い低酸素環境では酸素濃度が薄いため身体に酸素が取り込みにくくなり血液中の酸素濃度が低下し身体は血液中の酸素濃度を維持するためにその低酸素環境に適応しようとしていきます。その時にミトコンドリアが活性化され赤血球やヘモグロビンが増加することで血液運搬能力を向上させ、持久系スポーツには一番大切な【最大酸素摂取量・VO2MAX】の数値が上がり、人間の【環境適応能力】を最大限に活かしたトレーニングをすることができます。
その高地・低酸素トレーニング後に平地で開催される大会に参加すると、赤血球・ヘモグロビンの増加から酸素運搬能力が向上し、呼吸が楽にできることで疲れにくくなり、好成績に繋がっていきます。

【高地・低酸素トレーニング料金表】

【予約・入会・支払いのお知らせ】

【公式】LDアスリートラボ沖縄・高地低酸素パーソナルトレーニングスタジオ

1980年代にいちはやく高地低酸素トレーニングを取り入れ30年の経験を活かし、沖縄からトライアスロン日本チャンピオンを指導する!高地トレーニング【アメリカ・ボウルダー、フラッグスタッフ】【オーストリア・ラムサウ】【岐阜県・飛騨御嶽高原】【長野県・開田高原・志賀高原】で高地低酸素トレーニングを取り入れロングディスタンス競技でのハイパフォーマンスノウハウを提供するパーソナルトレーニングスタジオ!

0コメント

  • 1000 / 1000